賃貸業はサービス業です。

賃貸経営は、限りなく「サービス業」に近いのではないでしょうか。
入居者さんに喜んで頂き、その対価として家賃を頂く。喜んで頂くにはどうすれば良いか?を考え、実践するマインドが大家さんには必要だと
思うのです。

Gatos Aptで「無償提供」をしているサービス

Gatos Aptで実際に実践している無料サービスをご紹介します。

1. J:COM TVデジタル
CS、BS、地上波の全75chが観られます。個人で加入すれば¥5,229必要です。

2. J:COM NET 160M
最も速いプランで、動画も全くストレスを感じません。個人加入で¥6,300必要です。

3. 自転車置き場
4. バイク置き場
5. バルコニーの利用
3〜5は、多くのマンションで有料となっている場合が多いので記載しました。自転車が1ヶ月安い所で¥100、高いところでは¥1,000という例も。バイクに至っては「不可」という物件が多く、平均的には¥3,000程度。「バルコニー使用料」として月¥10,000程度を徴収するマンションも珍しくないです。

しかし客寄せのために無料にしている訳ではないのです。

「J:COMがご利用頂けます。」という看板を掲げたマンションやアパートをよく見かけるようになりました。CATV側も、全額賃貸オーナー持ち、半額持ちなど様々な大家向けプランを出しています。以前、私が住んでいたアパートも「CATV観られます。」というのがウリになっていましたが、自己負担しなければなりませんでした。ネットとケーブルTVだと1世帯分で¥8,000位の負担です。
現代人はネットがないと生活に支障をきたすほど、生活に浸透しています。テレビは年々「必須」ではなくなって来ていますが、それでもいまだに必須インフラです。インフラが有料って、あり得ないと思うのです。それにネット環境は「無料」と胸を張って言えるほど高価なものではなくなりつつあります。最近は、家庭にあるPCやプレステといったネット機器もLTEWiMAX対応のスマフォからテザリングが出来るようになって来ています。また公衆無線LANもかなり発達してきているので、もう数年すればCATVによるネット環境の確保が必要なくなるかもしれません。すでに今日においても、例えばiPhone5を持っていれば、月¥500でLTEを利用したネット環境が手に入ります。但しLTEの場合は各携帯会社が上限設定をしているため、上限に達すると異様に速度が遅くなりますし、Youtubeでも観ていれば速攻で上限に達します。対してWiMAXだと上限設定はありませんが、iPhoneでは使えない、AndroidもWiMAX対応機種は1世代前の物が中心になってしまいます。そして今秋、WiMAX2が登場するのです…。こうなると「私のケータイって、どれ?」みたいなことになりますよね。普通の人、特に女性が「通信形態」まで気にしているとは思えませんし。皮肉なことに当面の間はシンプルに「ネット無料」の方が響くかもしれません。

Category