ネコにアロマオイルは危険?

teatree

 

人間の、特に女性に大人気のアロマテラピー。アロマオイルを焚いたり、スプレーにしたり様々な方法で楽しみますが、実はこの行為、あなたのネコを危険に晒しているかもしれませんよ?

匂いもごまかせて、身体にも良さそうなのに…

オシャレな雑貨屋さんには必ずと言って良いほど、アロマオイルを焚く器具やオイルが置いてあるアロマオイル関連用品。それだけ一般的に浸透したと言うことなのでしょう。良い匂いが部屋中に充満して一見、臭い消しとして、ネコのウンチ臭やオシッコ臭を緩和するのに良さそうなので、利用しているネコ飼いさんも多いと思います。ところが、このアロマオイル、実はネコには有害だとする調査報告があります。

アロマオイルがネコには有害な理由、それは肉食だから

意外と知られていないのですが、ネコは「完全肉食」の生き物。生きていく上で野菜などの植物は必要ありません。それどころか、ネコは植物を分解する能力を持ち合わせていません。分解できない物質が体内に入ってきて、中毒を起こすのでとても危険とのことです。

僕達猫は、特に脂溶性の化学物質を解毒する際に必要な肝臓 第2相の酵素である、UDP-グルクロノシルトランスフェラーゼが 完全ではありません。 僕達は遠い昔から肉を主食としてきたので、植物の成分を代謝 解毒する機構が必要でなかったからかもしれません。 そのため、他の動物にとってはなんでもない薬や化学物質でも 僕達には毒になる場合がたくさんあります。 特にエッセンシャルオイルは、植物の成分を人工的に濃縮した 恐ろしい化学物質です。〜「猫から飼い主への手紙」日本アニマルアロマテラピー協会

つまり、アロマオイル・エッセンシャルオイルを分解することができず、毒素として体内に残留することで健康被害を受けてしまう、と。人間より身体の小さいネコの致死量は、人間が考える以上に微量です。特にアロマオイルは、植物を人工的に抽出して凝縮したもの。ほんのちょっとの量でもネコにはタバコ並みの有害物質となり得るとか。

但し、アロマオイルが死因となったという実証的な論拠は見当たりません。とは言え「中毒を起こす」ことは確実ですので積極的には手を出さない方が良いでしょうね。

ブームに乗ったアロマ入りネコ用品には要注意

気体ですら危ないのに、直接、肌に触れさせるなんてもっての外であることは、もう察しが付くと思いますが、世の中にはこんな商品が出ているのですよ…。

Nature+Aid ネイチャーエイド・シャンプー

このペット用シャンプー、ティーツリー、オレンジ、ユーカリ、ペパーミントが配合されているそうです。ネコには危険な精油のオンパレード。(苦笑)HPには「天然素材でペットも人にも優しくエコ」とか「ペットのストレスを軽減」とか色々書いてあります。よーく見ると「犬用」であることを示唆する文章がチラホラ散見され、ちゃんと読むと「あ、犬用なんだな」と分かります。が、パッケージにはネコらしき動物のイラストもあり、「ペット用」という言葉から「ネコでも大丈夫なのかな?」と思ってしまいます。実際、レビューを見ると「ウチのネコに使ってます」とかネコに使っている例が…。
そりゃ、知らない人がコレを見たら、企業が市販している商品なのだし安全だろうと思ってしまうのも仕方のないことです。

ま、そもそもウチネコにしていれば滅多なことがない限りシャンプーする必要すらありませんが。

シャンプー以外にも猫砂に配合されている商品などがあり、こういう商品をネコに使わないように、買うときは配合成分をチェックするようにすることをおすすめします。

アロマブームの影に、謎の死を遂げたネコがいるかも…?

「そんな大げさなこと言わなくったって大丈夫だよ!人間に害がないんだし、天然の物だし、犬だってアロママッサージをやるのだから!」と主張する方がいますが、残念ながら間違いです。天然のものを「凝縮」している時点で「人工」ですし、犬は猫と違って「雑食」なので消化酵素を持っています。

そもそもネコにアロマテラピーって必要なの?

いらないと思うんですよねぇ、個人的には。アロマ入りシャンプーも、ネコ用アロママッサージも結局のところ「ネコは必要としていない」のではないか、と。ネコ用品に限らずペット用品は、この「人間の自己満足」を満たすために制作され、販売されている商品が多い気がします。

蚊取り線香やお香も、実はヤバイ?

何気なく使っている蚊取り線香ですが、これもモノによってはネコにはあまりヨロシクありません。蚊取り線香は、合成物ではなく除虫菊100%の天然ものであれば安心と言われています。除虫菊の成分はピレトリンですが、人間・犬・猫はピレトリンを分解する酵素を持っているとされているからです。

蚊取り線香を密室で使用する人はいないと思いますが、密室でも使用する可能性の高いお香も、精油と同じ理由でネコには有害になり得ます。お香を焚くときは、同時に換気するようにしましょう。

Category